ランニングのちょいラン(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ちょいラン|ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証!

スピード練習で履くべきランニングシューズは?普段のジョグとは別シューズが必要?

f:id:staffinstaffabc:20180416091027j:plain

スピード練習について、こんな質問を頂きました。

スピード練習が大事なのがわかったけど、普段のジョグとは別のランニングシューズを用意する方がいいのかな?」

確かに、スポーツショップにいけば「練習用」や「レース用」と謳った様々なシューズが目に入ります。2足持つ?もしくは、1足にする?

そんな疑問にお答えします。

今回は、ランニングシューズの基本的な解説と「スピード練習向きのシューズ」ついて特集です。

まず、結論から述べると、スピード練習を日課にするのであれば、是非専用のシューズを購入したほうが良いです。

スピードを出せるように特化した商品で練習をする方が、「密度の高い効果的な練習ができる」というのが私の見解です。これを踏まえ解説していきたいと思います。

ランニングシューズの種類

大まかに分類するとシューズは以下3種類です。

  • 練習用シューズ
  • スピード練習用シューズ
  • レース用シューズ

それぞれのシューズの特徴について簡単に解説していきたいと思います。

練習用ランニングシューズ

初心者にまずはお勧めするシューズです。特徴は

  • ソール(靴底)が厚い
  • クッション性が高い
  • 重い
  • 反発力は低い
  • 耐久性に優れる

長距離走や普段のジョギングに使う使用頻度が最も高いシューズです。クッション性に優れ、脚への負担が小さく、脚に優しいシューズだと考えられています。

 

※【余談】
クッション性が「小さい」シューズの方が、実は人間の脚には適しているのでは?という議論もあります。原始人は裸足で生活していましたよね?

だから我々もその遺伝子を受け継いでいて、裸足で走ることに最適化された脚の形→無駄にクッション性を追い求め、過剰に足を保護するのは、実は故障しやすくなるという主張。

実際どうなんでしょう‥?確かに、ソールが薄くクッション性が小さいシューズは、地面を足全体で捉え、素足で走っているような感覚があります。でも、この手のシューズを頻繁に使うと、脚が痛くなるんですよね・・私の場合すねの内側の慢性的なシンスプリントに陥っているので、やっぱりクッション性は大事なのでは?と思います。

 

シンスプリント対策に関して、筆者の独自対策はコチラ↓

running-pink.hatenablog.jp

※【余談終わり】

 

もちろん、練習用シューズでもスピード練習もできますし、レースにも出場可能です。
価格は、最低限で良ければ4000円~のモデルも存在します。

(※※ワゴンセールで雑多に売られている「無名メーカー」の商品は非推奨です。安く抑えたい気持ちは理解できますが、初心者は有名大手メーカー品を選んだ方が無難です)

 

「耐久性」と、いかなる練習でも使用できる高い「汎用性」を兼ね備えるのが練習用シューズです。

スピード練習用シューズ

スピード練習用シューズの特徴は

  • ソール(靴底)が薄い
  • クッション性が低い
  • 軽い
  • 反発力が高い
  • 耐久性はまずまず

クッションの厚い練習用シューズと比べると、走ったときの感触が全く違うことに驚きを覚えるかもしれません。

もちろん、レースや普段のジョギングに使用することも可能です。価格帯は、大半のモデルが1万円前後~、もしくはそれ以上の値段です。

マラソンレース用シューズ

  • ソール(靴底)が薄い
  • クッション性が低い
  • とにかく軽い
  • 極限まで追求した高い反発力
  • 耐久性は低い

レースで記録を出すことを目的とした上級者向けのシューズ。このカテゴリーのシューズには初心者は手を出すべきでありません。非常に軽量化されているのが特徴で、練習用シューズと比べると、実に「300g」も軽いシューズも存在します。

 

最近では、レース中のランナーをサポートする機能を搭載するシューズもあります。基本的にソール(靴底)が薄いため、連続使用には全く向いていません。

 

また、価格も高く、1万円以下の商品はほとんど存在せず、中には2万円以上するモデルもあります。普段の練習に使わず、ここぞというレースに使うべきでしょう。(もちろんシューズを脚に慣らしておくことは必要です)

スピード練習用シューズの選び方

それぞれのランニングシューズの違いについては理解していただけましたか?

では次に、スピード練習用シューズの選び方のポイントについて解説します。

試着できるかどうか?

最重要事項です。
同じサイズ表記でも、メーカーによって実際の寸法はバラバラです。筆者自身も、通販で購入したシューズが合わず、1回の使用後に即お蔵入りした苦い経験があります。特に「横幅」はメーカーによって寸法差異が顕著で、注意が必要!

通販で買う場合でも、試着後に購入するようにしてください。

十分軽いかどうか?

スピード=軽量化です。スピード練習シューズに軽さは不可欠な要素になります。

反発力があること

このタイプのシューズは「着地の衝撃を反発力に変える」性質もあります。着地の衝撃を受け止めるクッション性はさほど重視されません。軽く、反発力のあるシューズを選ぶようにしましょう。

メーカー別 スピード練習用シューズおすすめ3選

3つのメーカー別に、スピード練習におすすめのシューズを解説します。

ナイキ

  • NIKE「エアズームスピードライバル6」

約210g(メンズ26.5cm)という軽量でありながら、クッション性に優れたシューズ。着地反発を捉えることで、スピードへと転換してくれます。

アディダス

  • アディダス「adiZEROjapanBOOST3WIDE」

230g(メンズ27.0)という軽量性。日本人の足型に合わせたシューズです。
BOOST™フォームという技術を使い、着地反発をスピードへと転換してくれます

 

筆者が履いた感触は、軽いがちょっときつい印象です。ジャストフィットではなく、普段より0.5cmサイズを上げたほうがいいかもしれません。標準的な足幅の方でも、きつめのシューズなので、WIDEタイプがオススメです。

アシックス 

  • アシックス「TARTHERZEAL5」

軽さと反発性、さらに耐久性を重視したモデルです。特に耐久性は非常に優れており、普段の練習でも存分に使えますし、長距離を走っても疲れにくいです。スピード練習をするときでも、グイグイ前に進むので非常にオススメの商品。

 

その高い耐久性から、1年間ターサージールを使う猛者も!

スピード練習用のシューズを激安で購入する方法

ズバリ「モデルチェンジの時期」を狙うことです。旧モデルは在庫一掃の為、破格の値段で売り捌かれます。モデルチェンジしたからと言って、大きな進歩が感じられないこともしばしば。(逆にそんな簡単に進化したらスゴイ 笑)

 

モデルチェンジは、最低年1回はあると考えておきましょう。時期は「春」や「秋」が多いです。気候が良くなりランナーが増える時期を狙って、新作が出るんですね!旧モデルは、場合によっては半額以下になることもあり、非常にお得に購入が可能です。

スピード練習に用いるシューズの選び方まとめ 

いかがだったでしょうか?今回はスピード用シューズについて、解説しました。

・お財布に余裕があるのなら、スピード練習用シューズも購入検討する価値あり
・練習用シューズでも、スピード練習は可能
・スピード練習用シューズの特徴は軽量で反発力が高いこと
・シューズを買うときは必ず試着!
・スピード練習用シューズのお値段は高め。
・お得に買うならモデルチェンジを狙うべし。

「選び方」&「買い方」を攻略して、自分に合ったベストのスピード練習用シューズを選んでください。