ランニングのちょいラン(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ちょいラン|ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証!

ランニングは食前と食後どっちが効果的?空腹時のランニング効果とは?

f:id:staffinstaffabc:20190312200530j:plain

「食前と食後、どちらがランニングに効果的・・・?」

 

これは、ランナーの中でも意見が別れているようですが・・・。

 

結論を述べると、脂肪を減らす目的であれば、空腹時のランニングが効果的です。

 

空腹時は血中の糖質が不足している状態なので、栄養源として脂肪が積極的に利用されます。

 

逆に、食後のランニングでは血糖値が高い状態で、血中や筋肉中の糖質(グリコーゲン)が十分量あるので、脂肪は積極的には使われづらいのです。

また、食後は消化吸収に血液が使われるので、思うようにトレーニング効果が出ないというデメリットもあります。

 

私自身、食前ランニングを推奨していますが、食後のランニングにもメリットはあるので、それぞれについて紹介していきたいと思います。

ここでは、空腹時の食前ランニングと食後のランニングについてのメリット・デメリットについて解説します。

空腹時のランニングのメリット

f:id:staffinstaffabc:20190312200620j:plain

脂肪が燃えやすい

空腹時はブドウ糖が不足していています。このことから、脂肪をエネルギー源としてランニングを行うため、食後より20%以上脂肪が燃えやすくなる研究があります。

出典元:British Journal of  Nutrition

体脂肪が落ちやすくなる

空腹時のランニングは、ダイエット後でも落としきれなかった「脂肪部位」にも効果があるとわかっています。特に痩せづらい部分に対して効果的です。

 

痩せる順番に関する参考記事:

www.choi-run.com

摂取した脂肪が栄養になりにくい

空腹時に走ることにより、その後に摂った食事の脂肪分が体脂肪となりにくいです。(血糖値の上昇や筋肉中の糖質の補充に使われるので)

空腹時のランニングのデメリット

f:id:staffinstaffabc:20190312200833j:plain

めまいが起きやすい

血糖値の低下、筋グリコーゲンの減少により、ランニング中にめまいが起きやすくなり、注意が必要です。いわゆるハンガーノックのような状態に陥ることがあります。

筋肉が分解され、筋肉が落ちる

エネルギー源が不足し、脂肪だけでなく筋肉も分解され始めます。運動後は、まずは糖質の補給を!!筋肉が落ちると基礎代謝も低下し、悪循環になります。

食後ランニングのメリット

f:id:staffinstaffabc:20190312200738j:plain

めまいが起きにくい

ブドウ糖が不足しないため、ランニング中のめまいや疲れが起きにくいです。

パフォーマンスが上がる(ように感じる)

十分に栄養を補給することで、比較的ラクに長く走り続けることができます。練習量を稼ぐという意味では効果的です。

食後ランニングのデメリット

f:id:staffinstaffabc:20190312200701j:plain

内蔵に負担がかかる。

食後のランニングは内蔵に負担がかかり、消化を妨げます。また、脇腹痛などの痛みが生じることがあります。

脂肪が燃えにくい

血中や筋肉中の「糖質」を優先して消費するため、脂肪が燃えにくくなります。脂肪を燃やす目的とするならば、空腹ランニングに軍配が上がります。

効果的な食前のランニングのポイント

時間帯

「朝」は脂肪がより多く分解されやすい時間帯ということが、報告されています。朝に走ることをおすすめします。

コップ1杯の水が大事

特に朝起きた直後は水分不足です。めまいを防止するためにもコップ1杯の水分補給を行いましょう。

 

これは、朝に限ったことではありません。水分不足は、脂肪燃焼を妨げるだけでなく、脱水症状などの危険もありますので。

筋肉の分解を抑えるために必要なこと

脂肪燃焼効果が高い空腹時のランニングですが、同時に筋肉の分解も懸念されます。

 

脂肪が落ちても、筋肉が落ちてしまうのは避けたいものです。海外の研究では、ランニング直後に、糖質+ホエイやガゼイン系のプロテインを摂ることで、筋肉の減少を抑制できると発表されています。

 

糖質がすぐに補給できない場合は、リカバリープロテインを

www.choi-run.com

 

食前と食後のランニングの効果・違いまとめ

いかがだったでしょうか?
今回は、「食前と食後のランニングの効果」について解説しました。

空腹時のランニングは脂肪燃焼効果がUP

20%以上の脂肪燃焼効果があります。このことから、脂肪を燃やす点では空腹時のランニングは効果的です。

 

同じキツさでも、より効果を高めるにはダイエットサプリ

www.choi-run.com

食後にランニングは楽だから・・・

トレーニングを積むという意味では良いかもしれません。ハードトレーニングをするときには、空腹時ではパフォーマンスが発揮できません。このことから、食事をちゃんと取るべきです。 

空腹時の筋肉分解を抑えるためにもプロテインを摂る

空腹時のランニングは筋肉が分解されます。プロテインを摂って、筋肉の分解を抑えましょう。

 

まとめます!

  • 脂肪を燃やすなら、空腹ランニング。
  • きついトレーニングをするなら、食後ランニング。

 

それぞれの長所短所を理解した上で、トレーニングを行ってください。