ランニングのちょいラン(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ちょいラン|ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証!

LT値を効果的に向上させるトレーニングとは?練習でLT値が上がっているか確認できる?

f:id:staffinstaffabc:20180603225403j:plainこんにちは。以前、「LT値を向上させるとマラソンに対してどういった効果があるか」お伝えしました。コチラの記事です。

LT値とは?LT値向上すると、マラソン競技ではどういったメリットが?


今回は、LT値を上げる為の具体的トレーニングを紹介したいと思います。LT値は上げれば上げるほど、理論上ではマラソンを速く走ることができます。

 

どんなトレーニングをすればLT値を上げることができるのか??そんな方のための記事です。ではLT値を上げるためのトレーニングを紹介!!

LT値を上げるためのトレーニング

日ごろの練習に一工夫することで、LT値を上げることができます。

 

ちまたでは、ペース走 や ビルドアップ走が効果的と言われています。

事実そうなのですが、そういった環境が確保できない方も多くいるはずです。正確な距離を把握できるホームコースがない方、近場に競技場が無い方、時間が無い方・・・。

 

LT値を効果的に向上させるトレーニングでお勧めなのが、ジョグのペースを後半になるにつれて上げていくことです。

 

最初は身体慣らし程度のスピードで普通にジョグをはじめ、身体が温まるにつれて、身体はペースを上げたがるので、その欲求に逆らわずにペースを上げていきます。

 

すると、ペースがどんどん上がっていき、息が切れない程度のペースで安定してくると思います。そこがちょうどLTペースになります。やってみると、なかなかいいペースで走れるため、かなり気持ちのいい練習になると思います。

 

普段のジョグで、身体がペースを上げたがった場合、ぜひやってください。
そのスピードで、初めから走るといわゆる「LTペースランニング」になります。

 

しかし、カラダが温まっていない状態なので、ケガのリスクなどが懸念されます。

 

やはり、「普段のジョッグに一工夫加えるだけ」という練習方法をお勧めします。

LT値は難しく考える必要はない

みなさん難しく捉え過ぎなんです。LT値は練習をやった結果、上がっていくものです。

 

正確な数値は専門的な設備でしか測れませんし、毎回測りにいくのも手間となってしまいます。

 

ただ、LT値が上がったかどうか、手軽に調べる方法はあります。

 

それは、周回コースを使用している場合、気持ちよく走ることのできる1周のタイムを測定し、その変化を観察することです。

 

このタイムが速くなっていくことにより、LT値が上がったと言えます。


LT値はトレーニング次第で上げることができ、お手軽な確認方法もあるということを覚えて頂ければOKです。

 

クロスカントリーのコースや、起伏の大きいコースで実践できるようになると、筋力トレーニングにもなるので、より効果的な練習ができると思います。

日々変化するLT値

多少蛇足になるのですが、LT値は日々の体調によって変わります。

 

アバウトな前項のやり方ですと、LT付近まで上げた段階で、キツくなってしまうこともあります。

 

呼吸は切れないのに、身体が動かなかったり、逆に呼吸が切れてしまうといったことですね。

 

こういった状態の場合、LTまで上げることができないくらい体調が良くないので、無理は禁物!!

ゆったりとしたペースで走ってください。

 

LTペースは、気持ちよく走ることができてなんぼの練習です。

 

キツく感じる練習は「インターバルトレーニング」や「レペティション」や「距離走」の役目なので、LTペースの練習ではキツくてはいけません。

 

メリハリをつけてトレーニングを実施することが大切です。

LT値を効果的に向上させるトレーニングまとめ

LT値のトレーニングのやり方と考え方について書きました。難しそうで難しくない、重要だけれども手軽に行なえるチェックです。続けていくのも難しくないのでは?と思っています。

 

長距離走はなにかしらの楽しみが無いと、続けるのも億劫になってしまいます。

 

LTペースが速くなっていくことを実感しながら練習することを、楽しみの一つにしてしまいましょう。

 

ぜひとも、日常的に取り入れていって欲しいと思います。