ランニングお役立ち情報(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証してみる。ケガや足の痛み対策も

マラソンレース前日の過ごし方。食事は炭水化物?飲酒はOK?

f:id:staffinstaffabc:20180608121155j:plain

こんにちは。今回はレース前日の過ごし方について書いていきたいと思います。


はじめてレースに出る方もいれば、既にルーティーンをもってレースに臨む方もいると思います。レースの前日は緊張して眠れない!どうしようという方も多くいるはずです。


でも、正直な話、眠れないということでネガティブになる必要はありません。夜更かしをしたほうがいいというワケでは決してありませんが、横になって目をつぶるだけでも十分です。小さい頃の遠足の前日の心境ですね。

 

次項では皆さんが気になる、前日の過ごし方を書いていきたいと思います。

マラソンレース前日の過ごし方は?

私は、基本的なところは普段と変える必要は無いと思っています。仕事があるのであれば普通に仕事をし、練習をしてゆっくり寝る。

 

基本的なルーティーンとして皆さんは過ごされているかと思います。過ごし方は一緒、となると変えるのは、練習と食事内容であるということがわかると思います。

 

2部練習(朝練と夕練)をやっている方は、どちらか片方を最終調整として、マラソンのペースで1キロ程度走るようにしてください。

 

1部練習の方はいつもの練習を上記のものに変えるようにしてください。この練習は速く走るためのものではなく、マラソンのペースを身体に、再教育するための練習であることを覚えておいて欲しいです。

 

当日の「飛ばしすぎ」対策としても有効です。
前日に「そんな軽い練習でよいのか??」と不安になる方もいるかも知れませんが、前日の練習のやりすぎは逆効果になってしまいます。

 

疲労が溜まってしまってレースで十分な力が出せなかった、という事は絶対に避けたいところです。もっとやりたい気持ちを抑えて、レースでその気持ちごと当たったほうがいい結果が出ると思います。

レース前日の食事は炭水化物を中心、飲酒は最小限に

前日の食事はいくつか気をつけたほうがいい点があります。
昼食までは普段どおりの食事内容でいいと思いますが、できればパスタなどの炭水化物を中心にとるといいと思います。ですが、ここまではあまり気を使わなくても問題はありません。

 

問題は夕食になります。
炭水化物を多く取るようにすること、たんぱく質は控えめに、お酒はビール(350cc)1本までを目安に。

 

前日に、とんかつやステーキなどを食べてしまうと、次の日にもたれてしまう可能性もありますし、なによりも走ることに必要な炭水化物の摂取ができません。

 

たくさん食べることができる方でも、炭水化物を腹八分目までにしておくことをお勧めします。あまり身体が重くなってしまっても、レースで動けないしペースの維持もきつくなってしまいます。

 

パスタやさっぱりした麺類(そばは避けて下さい)、ジャガイモやお米等の穀物がお勧めです。お酒は本当は避けるようにしたいのですが、一日の終わりの一杯や寝酒等で飲む方もいます。

 

ビール1本程度であれば、影響もほとんど無いと思いますので飲んでもかまいません。まだ飲み足りないなあと思う方もいると思いますが、レース後においしいお酒を飲むことを想像してそこは我慢です。

 

アルコールには利尿作用があるので、レース前に飲みすぎてしまうと水分が足りなくなってしまいます。1本くらいであれば、当日のリカバーができますのでそれ以上飲むと水分が足りない状態でレースに臨むことになってしまうかもしれません。

 

また、カフェインの入っている緑茶、コーヒーも同様の理由で避けたほうがいいと思います。

寝る時間等はどうしたらいい?

基本的には普段どおりで問題ありません。レース中に眠くなることはないので寝ることよりも、起きるときの事を考えて就寝してください。

 

前日だからといって早く寝ないといけないわけではないですし、普段のルーティンを守って過ごすようにしてください。いつもより早く起きる必要のある場合は、その分だけ早く寝るようにしたほうが無難ですね。

 

眠れないのは最初にも書きましたが、ネガティブになる必要はありません。
横になって、目をつぶっているだけでも十分ですし、寝なきゃダメなんだと思えば思うほど、目は冴えてしまいます。

マラソンレース前日の過ごし方まとめ

レース前日の過ごし方を書いていきましたが、皆さんそれぞれのルーティンができてくるかと思います。私も、当日の朝に熱めのシャワーを浴びるというルーティンがありました。

 

なぜかそれをやることによって、いつもより速く走れそうな気がしていました。心も身体も準備万端でレースに望めるよう自分のルーティンを作って、レースで頑張ってください。

 

レース当日が雨!そんな時の対策はコチラ↓↓

www.choi-run.com