ランニングお役立ち情報(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証してみる。ケガや足の痛み対策も

サブ4を目指すランナーにオススメの【2018年版】ランニングシューズ3選

f:id:staffinstaffabc:20180610061724j:plain

手軽に簡単に始められるスポーツとして人気のあるランニング。靴とウェアがあれば、誰でも始めることができます。

 

だからこそ、ランニングシューズにはこだわりたい!足の形や走りのスタイルに合わせて適切なランニングシューズを選ばないと、思わぬトラブルや怪我の原因になります。また、サブ4など記録を狙う場合は、機能性の高いランニングシューズが重要です。

 

そこで今回は、ランニングシューズを選ぶポイントとサブ4を目指すランナーにおすすめなランニングシューズを紹介していきます。

 

これからランニングシューズを買おうと思っている方、サブ4を目指しているランナーの方、自分に合ったランニングシューズを選ぶ際に参考にしてみて下さい。

ランニングシューズを選ぶポイント

ランニングシューズは、走る目的や足の形に合わせて選んでいくことが大切です。自分自身にピッタリのランニングシューズを見つけるためのポイントを紹介していきます。

自分の足の形を知る

自分に合ったランニングシューズを見つけるために、まず最初に確認してほしいのが自分の足の形。自分の足の特徴を知り、脚の形に合わせたシューズ選びをすることが重要なポイントとなります。

 

足の形は、スクエア型、エジプト型、ギリシャ型の大きく3つのタイプに分類することができます。スクエア型は小指の横方向の圧迫、エジプト型は親指つま先の当たり、ギリシャ型はシューズ幅(ワイズ)の確認が必要です。自分の足の特徴を把握しておきましょう。

足のサイズを測定する

ランニングシューズ選びで失敗しやすいと言われているのがサイズ。
普段履いているスニーカーが26センチだからといって、ランニングシューズも26センチの物を選んでしまうと、失敗するかもしれません。

 

ランニングの場合、つま先に余裕を作る必要があるので、普段用のシューズとサイズが多少異なることもあります。今一度自分の足のサイズを測定しておきましょう。

目的に合わせる

ランニングシューズには、衝撃吸収性を高めたクッション系、最速タイムを狙うためのレース系、クッション性と軽量性をバランス良く合わせたレース・トレーニング系など種類がいくつかあります。

 

また、レース用でも狙うタイムによって、求められてくる機能が違うため、更に細かく分類されます。

 

「初心者レベルと方」と「サブ4レベルの方」では、選ぶべきランニングシューズが異なりますので、ランニングの目的と出したい記録に合わせてランニングシューズを選んでいきましょう。

サブ4を目指すランナーにおすすめなランニングシューズ

サブ4を目指すランナーには、軽量性、反発性、クッション性、安定性を備えたバランスの取れたシューズを選ぶことが大切です。ランニング歴が浅い人はクッション性と安定性が高いシューズがおすすめ。 衝撃を吸収してれるので、ケガの予防につながります。それでは、サブ4を目指す方に向け、おすすめのシューズを紹介します。

アシックス GEL-DS TRAINER 23-wide

アシックスを代表するサブ4定番のランニングシューズ「ゲルDSトレーナーシリーズ」。サブ4達成を目指す人に人気のランニングシューズです。ミッドソール全面に高機能素材FlyteFoamを採用し、軽量性とクッション性に優れたシューズになっています。(私は「甲高」かつ「足幅が広い」ので、どのメーカーでも必ずワイドタイプを選びます)

ナイキ  AIR ZOOM STRUCTURE 21 

ニューバランス Fresh Foam Zante