ランニングお役立ち情報(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証してみる。ケガや足の痛み対策も

ランニングダイエットの基礎とオススメの脂肪燃焼系サプリ

f:id:staffinstaffabc:20180605205908p:plain

 

ランニングでダイエットしようと決意したのはいいんだけど・・。

 

大した運動経験もないし、長続きできるか心配。ランニングってかなりしんどそうだし、他の人のブログを見ても「挫折してしまったり、結局リバウンド」してしまったり・・・

 

確かに、ランニングを続けられるかどうかは、その人の目的や意志の強さによります。

 

でも、ランニングダイエットが「成功するかどうか」というのは、ダイエットの基礎をきちんと押さえた上で、日々のトレーニングや食事を行っているか?というのが大切なポイントです。

 

今回の記事内容は、以下の通りです。

  • ランニングダイエットに限らずにダイエットで痩せるための基礎
  • ランニングダイエットの効率をより加速させるサプリの紹介

 

必ず押さえておきたいダイエットの基礎基本

もういい加減、食べる量を減らして痩せようとするのはやめましょう。

f:id:staffinstaffabc:20180605212342p:plain

正直言って全く効果がありません。

 

いえ、もう少し正確に言うのであれば、一時的には効果があるかもしれませんが、ほぼ100%元の体重体型に戻ります。

 

なぜなら、食べる量を減らしたとしても、あなたの体は本質的に何も変わっていないからです。ただ単に体に入ってくる食物の量が減っただけ。

 

むしろ変なダイエットをすると、筋肉量が落ち、基礎代謝が低下するので、太りやすい体質になってしまうことも十分考えられます。

ダイエットを家庭の貯蓄に例えてみるとわかりやすいかも

ダイエットを「収入」と「支出」、つまり「IN」と「OUT」で考えてみましょう。

 

なお、以下のように考えて頂いてOKです。

  • 【IN】:食事から得られるエネルギー
  • 【OUT】:運動によるエネルギー消費や、日常の基礎代謝によるエネルギー消費

 

あなた自身は今、「脂肪貯金」を持っています。家計の貯蓄と一緒で、収入が増えれば脂肪貯金は増えますし、逆に支出が増えれば脂肪貯金は減っていきます。

 

そして、体重が維持できている人は、以下のような状態です。

f:id:staffinstaffabc:20180605160902p:plain「IN:100」と「OUT:100」が釣り合っている状態で、痩せもせず・太りもしない理想の状態です。

 

で、あなたは、なるべく運動をしたくないから「IN」を減らすことを考えます。例えば食事制限などで、「IN」を減らし、以下のようなIN・OUTバランスになったとします。

f:id:staffinstaffabc:20180605162308p:plain

確かに、この状態が継続すれば、痩せていくでしょう。でも、食事制限をすることによって、必要なエネルギーが得られず、十分な筋肉合成などができずにいると、次第に基礎代謝が低下していきます。

 

するとエネルギー代謝が減少し、従来よりも「OUT」が低下した状態になります。それが以下の状態です。

f:id:staffinstaffabc:20180605161459p:plain

この状態では、まだ「IN<OUT」なので、痩せていくことになります。

 

しかし、このような食事制限がずっと続くわけも無く、次第に「IN」が増えていきます。さらに筋肉量の低下によって、基礎代謝が落ち「OUT」がさらに低下します。

 

すると、次はこんな状態に。

f:id:staffinstaffabc:20180605161505p:plain

 ついにINとOUTの収支バランスが逆転してしまいました。

 

これがリバウンドです。初めは食事制限でうまくいっていたけど、最終的には代謝が減り、食事制限もうまく行かなくなる。

 

INが元に戻り、OUTは以前より減少してしまう。これがリバウンドの負のスパイラル。

初心者は「IN」をコントロールするとロクなことが無い。OUTをコントロールするべき

食事制限などで、「INだけ」をコントロールするのは、ダイエット初心者がやりがちなこと。

 

でも、これまでの説明でお分かり頂けたように、「INだけ」をコントロールしてダイエットに成功するのは、極めて難しいことなんです。

f:id:staffinstaffabc:20180605204552p:plain

目を背けたいけど、運動によって「OUT」を増加させる取り組みをしないと、絶対に成功しません。

せっかくランニングするなら、運動を効率化し、より効果的に痩せたくない??

OUTをどんどん活性化させることが、ダイエット成功のコツだとお話ししました。つまり、継続してランニングなどの運動を行う必要があるわけです。

 

でもちょっと考えてみてください。

 

OUTを活性化させつつ、INも少なくなるようコントロールできれば、より効率的なダイエットになると思いませんか??

 

収入が減って支出が増える状態ですから、「脂肪貯金」はどんどん減っていくことになりますよね??

 

いくらINを減らしたいからと言って、既にお伝えした通り、食べる量を減らすのは、正しい選択ではありません。栄養不足や栄養素の偏りによる筋力低下を招き、それが基礎代謝低下に繋がり、最終的にはOUTが減ってしまうからです。

 

では、OUTを維持しつつ、INを減らすには、一体どうすれば良いか??

 

・・・

 

・・・

 

答えを言ってしまうと、サプリメントの活用です。

 

正直、「従来の」ダイエット系サプリメントは、本当に効果があるのか、信頼性に欠ける成分が配合されていて、それをダイエットサプリとして販売している商品が多かったです。

 

でも、これから私がオススメするサプリメントは、きちんとした科学的根拠があり 、さらに大手メーカーが発売している商品なので、商品の信頼性や品質も安心できるものです。

 

私がお勧めするサプリは「2つ」、まず先にご紹介しておきます。

 商品名 ラクトフェリン 大人のカロリミット
商品  f:id:staffinstaffabc:20180605220430j:plain  f:id:staffinstaffabc:20180605220505j:plain
価格 980円 1000円
返金保証 なし 返品交換無期限保証
内容量 7日分21粒 30日分2袋112粒
公式HP  f:id:staffinstaffabc:20180605220057p:plain  f:id:staffinstaffabc:20180605220057p:plain

 

おすすめする2つのサプリメントは、どちらも機能性表示食品という区分で、 消費者庁に届け出されている商品です。

 

トクホとは異なり、個別に消費者庁長官から審査を受けたものではありませんが、科学的根拠がない場合は、そもそも機能性表示食品として認定されません。

 

機能性の表示は以下の通りです。

ラクトフェリン届出表示:

本品にはラクトフェリンが含まれるので、内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立ちます。

大人のカロリミット届け出表示:

本品にはギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンが含まれます。

本品は日常活動時のエネルギー代謝において、脂肪を代謝する力を高める機能があります。またギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミンは、食事の糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を抑えることが報告されています。

さらにギムネマ酸、エピガロカテキンガレート、キトサンは、食事の脂肪の吸収を抑え、 食後の血中中性脂肪値の上昇を抑えることが報告されています。

それぞれの商品の特徴を見ていきましょう。

ラクトフェリン

  • 内臓脂肪を減らすサポート
  • 溜まった脂肪の分解を促進
  • 新たな脂肪の合成を抑制

 

リパーゼという酵素を活性化させて、脂肪の分解促進をサポートします。内臓脂肪を減らすサポートをするので、BMIが高めの方にオススメです。 

  • OUTを高めるのが「内臓脂肪を燃やすサポート」+「既にある脂肪の分解を促進」
  • INを抑制するのが「新たな脂肪の合成を抑制」

 

ちなみに、ラクトフェリンという成分はタンパク質の一種で、哺乳類には非常に重要な成分です。

 

母親の母乳に含まれており、特に初乳に多く含まれている貴重な成分です。ただし、非常に熱に弱く、殺菌消毒される牛乳などからは、十分量を摂取するのは難しいと言われています。

ラクトフェリンの詳細はコチラ
↓↓↓

大人のカロリミット

  • 日常活動中の脂肪を代謝する力を高める
  • 食事の糖の吸収を抑える
  • 食事の脂肪の吸収を抑える

 

この商品は、以前TVCMをしていたので、印象的なフレーズが耳に残っている方もいるかもしれません。ちなみに、上記の三つの働きがある機能性表示食品は、大人のカロリミットが日本で初めてです。

  • OUTを高めるのが「日常活動中の脂肪代謝力を高める」
  • INを抑制するのが「糖や脂肪の吸収を抑える」

 

きちんと両方の働きを備えていることがわかります。

 

大人のカロリミット詳細はコチラ
↓↓↓

どちらの商品を選ぶ??

どちらの商品でも、私が主張する「アウトの活性化+インの抑制」する機能があります。

 

でも、どちらを選べばいい・・・??

 

迷ってしまう。という方もいらっしゃると思うので、私なりの選び方を以下に書いておきます。

ラクトフェリンがおすすめの人

ラクトフェリンは脂肪を分解するサポートだけでなく、体内で鉄と結合したり、ビフィズス菌を増やし、悪玉菌の生育を抑制する働きもあります。

 

ですから、おすすめの方は

  • 貧血気味の方
  • 便秘がちな方

大人のカロリミットがオススメな方

カロリミットは、年齢とともに減少する「代謝」を高める機能があります。また、商品名称にも象徴されるように、食べ物からのカロリーをリミット(制限)する、サポート的な働きがあります。

 

ですからおすすめの方は

  • 代謝が落ちがちな、40代以降の方
  • 脂っこいものを好んでよく食べる方

 

ちなみに、カロリミットは薬局でも購入できますが、ネット通販だと「+1袋」の増量サービスがあるので、ネットの方がお得です。

ランニングダイエットの基礎とオススメの脂肪燃焼系サプリ【まとめ】

いかがだったでしょうか?今回は、ランニングダイエットだけに限らず、ダイエットの基本基礎も述べました。

ダイエットは、長期戦です。短期的に痩せても、体は本質的に何も変わらないので、リバウンドが待っています。

 

とにかく、正しい方法で取り組むこと大切です。

 

運動をしつつ筋肉量を増やし、代謝を高めることを疎かにしてはいけません。

同じようなキツイトレーニング・労力を割くのであれば、より効率的に脂肪を燃焼させたいですよね?

 

さらに、「ダイエット目標」や「期間」があるのなら、なおさら効率の良いダイエットが求められます。私が紹介した二つの商品は、あなたのダイエットの心強いサポートパートナーとなります。より効果的に痩せるためにも、この機会にサプリを検討してみてはいかがでしょうか??