ランニングのちょいラン(ランニングダイエット・トレーニング・シューズ)

ちょいラン|ランニングダイエットやランニングでタイムアップの練習方法を研究。シューズやウェア、ランニングウォッチなどのレースで使えるアイテムも紹介!シリアスランナーだけでなく、ダイエット目的でジョギングを始めた方にも耳より情報をお届け!精神のマネージメント、ストレス軽減にも今ランニングは大注目のスポーツ。体力に自信の無い初心者から、大会常連の上級者まで嬉しいお役立ち情報を提供します。タイムアップの為には、筋トレや月間走行距離は目安となるのか?理系男子が1歩踏んだ科学的見地からも検証!

仏の里くにさき・とみくじマラソン【初参戦者】が読むべきブログレビュー記事です!

たまには地元ネタでも書こうかな・・・

 

f:id:staffinstaffabc:20181020114429j:plain

 

大分県で開催される「仏の里くにさき・とみくじマラソン」管理人が参戦したマラソンレースの中でも、過酷さレベルが抜きんでていたので、初参戦者は是非知っておいてほしい内容をレビューとして書いておきます!

 

ちなみに管理人が参戦したのは2017年(フルマラソンの部)17年と18年では一部コース変更があるようです。

 

ただ「あの激坂」は健在な模様。

 

私は、昨年ヤバイぐらい辛かったので、今年のエントリーは見送りです(笑)参戦するランナーの皆様、頑張ってください!

 

それでは、この大会の「過酷さポイント」を整理しておきます。

 

とみくじマラソンのヤバイポイント

  1. 心臓破りの激坂
  2. コースが整備されていない
  3. 道中のトイレが少ない(ほとんどなかった記憶が)
  4. とにかく寒い
  5. 沿道の声援には期待できない

 

それでは1つずつ見ていきましょう!!

心臓破りの激坂

 とみくじマラソンの目玉?ともいえる激坂。いや、とにかくヤバいですね。都会や町中のマラソン大会では、絶対に味わえない斜度です。

 

昨年(2017)と今年(2018)ではコース変更がありますが、この激坂は相変わらずコースに採用されています。。

 

ヘアピンカーブを曲がったその先に「反り立つ壁」の存在が!!

f:id:staffinstaffabc:20181020125313p:plain

 とみくじマラソンの最大の難所!!

 

実際に走った傾斜はこんな感じ!!

f:id:staffinstaffabc:20181020125016j:plain

 

(私は、大会中は一切写真撮影をしないので、大会中の写真はありません)

 

この坂と対峙したとき、思わず「なんじゃこりゃぁー!!!」と声を出してしまいました・・・。

 

いや、もちろん事前情報として、コースの標高差マップは確認していたので、かなりヤバめの坂であることは認識していましたよ?

 

でも、実際に対峙すると・・・いや、ほんと直立してるんじゃないかと思うぐらいの傾斜・・!

 

普通の大会では「絶対にありえない坂」です。ある意味貴重なので、是非堪能してやってください。

 

 ちなみに、ラップタイムの推移はどんな感じだったかというと・・・

 

f:id:staffinstaffabc:20181020125544j:plain

 

 落ちていますね。でも、私、上り坂は得意なんです。この激坂でかなりオーバーテイクしたと思います。上り坂区間ではだれにも抜かされなかった。それでも、このぐらいのラップ下落は発生しますからね。。。

 

過酷さ度合いをわかっていただけるかと。 

 

とにかく、この坂は力を温存し、無理しないこと。まだ先は長いですし、この先は実は緩やかな長い下りが待っているので、脚を残しておくことが重要です。緩やかな下りは、心肺機能には負担を掛けませんが、「脚」にはかなり負担なので・・・

 

記録を狙うなら、絶対に「無理して激坂で足を消耗しないこと!!」

コースが整備されていない

車道が大会用に封鎖されているわけではありません。普通に地元の人の車が横を通過していきます。

 

もちろん、(ド)田舎なので、交通量はかなり少ないですが、都市部のマラソン大会ではありえないこと。

 

さらに、交通量が多い県道や国道を通る際は「歩道」を走る必要があります。コース後半に多かったです。

 

f:id:staffinstaffabc:20181020124532j:plain

 

私のようなレベルのランナーなら、歩道でも構いませんが、スピードランナーにとっては絶対走りにくいコースだったと思います。

 

勝負どころの「後半に歩道コース」があるので、サブ3レベルの人は気を付けてください。追い越しが極めて困難な区間があります。しかも、それが数キロも続くからタチが悪い・・。 

 

(よくこのコースで陸連から公認されたな・・・というのが本音)

 

ただ、なぜか距離は恐ろしく正確・・・!!42.19km!!!

f:id:staffinstaffabc:20181020125742j:plain

 

ちなみに、使用しているランニングウォッチはコレ!!

道中のトイレが少ない

これもコースとしての課題点。トイレあったかな・・・?接地数は本当に少数だったと思います。

 

私の前方のランナーは、途中でコースを外れ、竹林で用を足していましたよ・・!これは純粋に、とみくじマラソン運営の課題なのでは?と思う次第。

 

とにかく寒い

油断してはダメです。大分市街地よりも気温が低いです。一部区間で海沿いを走り、風が強く体が冷えるのと、山間部の気温の低さも重なり、防寒対策はしておいた方が良いでしょう。

 

f:id:staffinstaffabc:20181020130156j:plain

わたしは「半そで半パン」で臨んだのですが(冬のいつものスタイル)、この大会だけは、ゴール後の「震え」が止まらなかったです。

(ゴール後のトン汁が、体にしみわたったな~)

 

寒さに関しては、要注意です。

 

とはいえ、普通に「長袖+半パン+ランニングレギンス」の装備であれば、十分防寒対策できます。

 

私のように「半そで半パン」は自殺行為です。やめましょう。

 

沿道の声援には期待できない

部分的に沿道の方がいらっしゃいますが、基本無人区間が続くと考えていただいてOKです。

 

とみくじマラソンの大会HPを見る限り、応援が活発な印象を受けますが、あれはウソですから(笑)9割5分以上の区間が無人区間だと思っていただいてOKです。

 

基本的には、マラソンは自分との闘いですが、この大会では勇気をくれる応援も期待できないので、走力が無いと挫折しそうになると思います。

とみくじマラソンまとめ

とにかく、とみくじ名物?の「激坂」は要注意。不用意に追い抜きはせず、脚を温存して上るべし。防寒対策は万全を期すべし!スピードランナーは、抜かせない区間があることをお忘れなく!